2014年 春の陣

 

2014年3月2日 12:00〜17:00

 

テーマ「定義(言葉の意味)」

 

終了しました! 

 

「愛とは何か?」

「バナナはおやつに入りますか?」

「『優しい人』って、どんな人?」

 

日頃、わかったようなつもりで使っていて&聞いている、言葉の定義をひとつずつ明らかにしていくワークを数多く扱いました。

 

わかったつもりになってしまったら、わからない。

 

「自分には、わかっていないかもしれない」という前提に立って話を聞くことが、相手をより深く理解し、時には、これまで気づいていなかった自分自身の考えにも気づくことへと繋がります。

 

あいにくの雨で足下の悪い中、多くみなさんのご参加ありがとうございました!

次回は8月10日です。どうぞお楽しみに。

 

photo gallery

 

 

どう質問したらいいか?が、わからなくて
わからないことが
わからないままになってしまうことは、ありませんか?


学校に行ってた頃、「疑問点は質問しなさい!」と、よく言われたと思うけど。

でも、自分に何がわかんないのか、それがわからないから。

「わからない」に耐えながら、うまく質問できないままに、
その単元が終わって、そのことを考えないでいい日が来るのを待つばかり。
わからないことが、わからないまま。


そんな経験をしたことはありませんか?


そして、大人になった今も。

日常を振り返ってみると、同じシチュエーションが、
仕事でも、プライベートでも 発生したりは、していませんか?

他人の言葉を聞いて、あるいは、本やネットの文字を読んで
よくわからない・・・でも、何がわからないんだろう?

そこが曖昧なまま、相手の勢いや、その場の雰囲気に流されて
わからないのに、わかったことにされてしまう。

そんな経験をしたことは、ありませんか?


 


わからないことを、わかりたい。

人として、本当に原初的な、当たり前の欲求なのに
それを可能にするための手段=質問力の育成を
学校の国語の時間では、不思議と一切扱っていません。

それどころか。

「質問しなさい」と言ってたはずの、先生や親たち自身が
質問を受けた時、必ずしもいい反応を返さないという傾向があるのは
みなさん、既に経験されている通りのところだと思います。


そこで・・・

今回の「大人のための国語セミナー」では


「わからないことが、わかる」ための、
質問スキルを高めるために
「定義(言葉の意味)」をテーマとして行います。



そもそも、定義って何だろう?
わたしたちは、何がわかれば「わかった」と思えるんだろう?

じゃあ、相手の話が「わからない」とき
どう質問すれば、
自分の「わかる」に繋がるコミュニケーションができるんだろう?

・・・といったところを、深堀りし、
たっくさんのワークをご用意して、あなたの質問力を開発します。




わからないことが、わからないまま

強い相手に押されて
いい雰囲気に流されて
嫌われるんじゃないかと不安になって

本心はなんとなく不満で納得できない気分なのに、
わからない自分の方が、何か悪いような気分になって
どう聞いたらいいかわからないまま
「わかった」ことにしてしまったことのある、あなた。

 


ぜひぜひ、おいでください。

あなたのアタマをすっきりクリアにするための、
本物の国語スキルをお渡しします。

 

 

 

 

概要

大人のための国語セミナー 2014春の陣
by DAYBREAK + めんたね

[テーマ]
「定義」を知って、騙されない国語力を身に付ける

 

 

日時 2014年3月2日(日)12:00~17:00 


募集人数 16名


会費 8,000円(資料費込み)

会場 東京都内(お申し込みの方に直接お知らせします)


講師 尾谷幸治(めんたね),大慧亜衣子(DAYBREAK healing room)

 

[お申し込みはこちら]